高梨沙羅さんに見る、「好きなモノこそ上手なれ」の重要性~大人の勝手な思い込みは過干渉と同じ

少し前の話になります。

スキージャンプの高梨沙羅選手がTBS系「ぴったんこカンカン」という番組に出演していました。

8歳の時にお兄さんや周りの友人の影響でスキージャンプを始めたそうですが、驚いたことに学校の体育の成績はなんと5段階評価の「3」。

 

世界レベルで戦っている選手ですから、スポーツ万能のような気がしていまいますが、極めて平均的な成績だったということです。

本人曰く「スキー以外まったく出来ない、運動音痴です」とのこと。

そこで司会の安住アナが聞きました。

「どうしてスキージャンプだけ特化しちゃったんですか?」

すると高梨選手はこう答えました

「やっぱり好きだから」

最初は周りの友達と比べてもまったく上手でなかったもなく「センスのかけらもなかった」とのこと。

 

少し信じられませんよね。

でも大事なのは「好き」という気持ちなんだということを思い知らされます。

「好きだから突き詰められる」

「好きだから一生懸命になれる」

一生懸命になれて、世界チャンピオンにまでなれるスキージャンプに出会えた高梨沙羅さんは本当に幸せ者です。

 

そういえば、私も小学校の卒業文集の時にオリエンテーリングが楽しかった思い出を書いたら、先生に「一生懸命になれるオリエンテーリングに出会えたあなたは幸せ者だ」とあとがきに書いてもらったことを思い出しました。

どれだけ、子どもが心から好きになれるものを見つけられるか。

もしかしたら中々ないめぐり合わせなのかもしれないけれど、「勉強で良い点数が取れる」とはまったく違う幸せの形があるような気がします。

「子どもだからこれくらいで大丈夫」

「ウチの子にはこのくらいで十分」

そんな大人の勝手な思い込みしていませんか?

これも立派な過干渉です。

子どもの持っている可能性なんてだれもわかりません。

勝手に狭めないようにしたいですね。

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育プロデューサー(44歳・男性)。 学生時代に競技オリエンテーリングに出会う。普段は鈍足なのに、地図読みが得意であったため、オリエンテーリングになると上位になれることからどっぷりハマり、いくつかの競技大会で上位に食い込む。 しばらく競技からは離れていたが、2児の父親となり、子どもの心身の成長に何か役立てないかと考えていたところ、地図の持つ奥深さを思い出し、「地図を使った子育て」を思い立ち、我が子に実践。 現在は、年に数回、オリエンテーリングの個人競技大会に出場する一方で、地図を使って「地図を使って、子どもが自ら考えて動ける力をつける」地図育を準備中。近々「親子向け地図育ワークショップ」を展開予定。

コメントを残す