高梨沙羅さんに見る、「好きなモノこそ上手なれ」の重要性~大人の勝手な思い込みは過干渉と同じ | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

高梨沙羅さんに見る、「好きなモノこそ上手なれ」の重要性~大人の勝手な思い込みは過干渉と同じ

子どもの能力

少し前の話になります。

スキージャンプの高梨沙羅選手がTBS系「ぴったんこカンカン」という番組に出演していました。

8歳の時にお兄さんや周りの友人の影響でスキージャンプを始めたそうですが、驚いたことに学校の体育の成績はなんと5段階評価の「3」。

 

世界レベルで戦っている選手ですから、スポーツ万能のような気がしていまいますが、極めて平均的な成績だったということです。

本人曰く「スキー以外まったく出来ない、運動音痴です」とのこと。

そこで司会の安住アナが聞きました。

「どうしてスキージャンプだけ特化しちゃったんですか?」

すると高梨選手はこう答えました

「やっぱり好きだから」

最初は周りの友達と比べてもまったく上手でなかったもなく「センスのかけらもなかった」とのこと。

 

少し信じられませんよね。

でも大事なのは「好き」という気持ちなんだということを思い知らされます。

「好きだから突き詰められる」

「好きだから一生懸命になれる」

一生懸命になれて、世界チャンピオンにまでなれるスキージャンプに出会えた高梨沙羅さんは本当に幸せ者です。

 

そういえば、私も小学校の卒業文集の時にオリエンテーリングが楽しかった思い出を書いたら、先生に「一生懸命になれるオリエンテーリングに出会えたあなたは幸せ者だ」とあとがきに書いてもらったことを思い出しました。

どれだけ、子どもが心から好きになれるものを見つけられるか。

もしかしたら中々ないめぐり合わせなのかもしれないけれど、「勉強で良い点数が取れる」とはまったく違う幸せの形があるような気がします。

「子どもだからこれくらいで大丈夫」

「ウチの子にはこのくらいで十分」

そんな大人の勝手な思い込みしていませんか?

これも立派な過干渉です。

子どもの持っている可能性なんてだれもわかりません。

勝手に狭めないようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました