子どもの考える力を伸ばすには、「気付く力」と「気付かせる力」の両方が必要

引き続き、ワークショップデザイン的観点からの「子どもの考える力」の伸ばし方について考えてみました。

 

前回は「教える」ではなく、「気付かせる」ことこそ学びには大事だと、いう考えを述べさせていただきました。

 

では実際に「気付かせる」にはどうしたら良いのでしょう?

私は、「気付かせる力」と「気付く力」の両方が必要だと思っています。

この両輪が揃ってこそ、「気付く」という行為になるのだと思います。

 

「気付かせる力って何だ?」と思われる方も多いと思います。

一言で言えば「気付くように仕掛ける力」とでもいいましょうか。

「気付く」というのはあくまでも自発的な行為です。外部から教えを鵜呑みにすることとは一線を画します。

 

辞書でその意味を調べると次のように出てきます。

気付く:それまで気にとめていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知る。

つまり、既に存在していたもの、自分の中にあったものの価値を自分なりに再評価することが”気付く”ということなのです。

そうなると、普段の生活の中で気付きを得るきっかけが必要になります。

このきっかけを意図的に作ることを「仕掛け」と呼んでいるのです。

 

■具体的にどうやって仕掛ける?

具体的にはどんな仕掛けが考えられるでしょうか?

難しく考える必要は無いと思います。日々何となく流れている生活の時間の中で、大人が当たり前だと思っていることも子どもにとっては当たり前ではないことも多いはず。

 

例えば、毎日寒い日が続いていますが、

「毎日同じお家に住んでいるのに、どうして物凄く寒い日と暑い日があるんだろうね?」

だとか、

「冬の寒い日に屋根や窓のないオープンカーに乗っている人はどうして寒くないんだろうね」

とか。

日常の生活シーンの、フトした「なぜ?」に疑問を持つ問いかけは有効だと思います。

ただし、忘れてほしくないのは「一緒に考える」というスタンス。

クイズではなく、正解を求める場にはしない。

どうしてだろう?というアイデアをどんどん出してもらい、どんなにファンタジーな内容でもすべて「なるほど」と受け入れる。

 

その上で「じゃあ一緒にインターネットで調べてみよう」「図書館に行ってみよう」という「一緒に調べる」ことが効果的です。

 

つまりは全ての行動に本人を絡ませて能動的に機能させる。

これをワークショップデザイン的には「自己原因性」と言います。

 

子ども本人の自己原因性を高めて、「自分も絡んで新しい発見をする」

これが「気付き」からの学びへと繋がるのです。

「気付き」を得るチャンスは日々の生活の中にたくさん転がっています。

 

お子さんとの大切な時間の中でどんどん新しい「気付き」を仕掛けていってほしいものです。

 

 

 

, , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す