正直村と嘘つき村:Z会が論理的思考力を問う動画を公開したわけ

進学塾大手のZ会が、WEB上で興味深い動画を12月7日に公開しました。

タイトルは「正直村と嘘つき村」

真実しか言わない人々が住む正直村と、真実と反対のことしか言わない人々が住む嘘つき村の人々の架空の物語。この2つの村の住人はお互いにいがみあっていましたが、そのうちそれぞれの村の男女が愛し合うようになり、結婚することになりました。

正直村に住む男性の兄が嘘つき村でおこなわれる結婚式に出席するために道を進むと途中にわかれ道があり、どちらに向かったらよいかわかりません。。

ちょうど分岐点に老人が座っていますが、正直村・嘘つき村、どちらの住人なのかはわかりません。

兄からは一回だけ質問することが出来ますが、あなただったら一体どんな質問を投げかけますか?

というクイズ。

映像・音声ともに高品質で、まるで映画を見ているかのよう。

この動画が作られた目的は、“論理的思考力”とは何かを体感してもらうため。

このコラムでも何度か触れていますが、2020年から大学入試の内容が大きく変更される模様で、知識以上に、思考力・判断力・表現力を問われる記述式の問題が増えてきます。

Z会ではこうした流れにいち早く反応し、これまで通信教育中高一貫コースを進化させ、「21世紀型の資質・能力」を養う新しい講座を2016年度からスタートさせる、とのこと。

つまり、この動画ではこの「21世紀型の資質・能力」とは何かをわかりやすく知ってもらうために制作した、ということです。

このクイズ、こたえをtwitterでつぶやくと、男から返事が返ってきたり、さらに難しい応用問題が用意されている特設サイトなどもあり、なかなか楽しめる内容になっています。

http://ow.ly/VQ192

私もトライしてみましたが、難しかったです。

回答を見たあとに、なるほどと思いました。良い頭の体操になりました。

 

時代はどんどん子ども達にこうした”考える力”を学ぶことが求めてきます。

親としては何が出来るのか、考えさせられます。

その入り口として、この動画はとても興味深いものです。

ぜひあなたもトライしてみてください。

, , , ,

Post navigation

折江 晃

ワークショップデザイナー/オリエンテーリング・インストラクタ 自称:地図育アドバイザー(45歳・男性) 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 小学4年生のときに、競技オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感する。この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育』を開発。現在は、「一人でも多くの子ども達に、自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育アドバイザーとして、地図育講座・ワークショップを主宰している。 連絡先:contact@mappower.jp

コメントを残す