答えは1つじゃない!

モノの見方・考え方

地図の力で、
あなたのお子さんの
「問題を解決する力」を
伸ばします。

地図育®コンサルタントの
林大岳です。

あなたに1つ算数の問題を出します。


4+5の答えは何ですか?

小学校の低学年の算数ドリルに
出てくるような問題で、

9に決まってんだろ、バカにするな。
そんな声が聞こえてきます。

それはそうですよね。
この答えは1つしかありません。

あなたもすぐに答えられたはずです。




それでは、もう1問
今度は、

答えが「9」になる
計算問題をできるだけ
1分以内にできるだけ
多く作ってみてください。


ちょっと考えてみてください。
色々ありますよね。

先ほどの「4+5」はもちろん、
「8+1」、3つ以上の足し算や
ひき算、掛け算なども使ってみてください。

考えつきましたか?

ちょっと一例を出してみましょう

これはごく一部。
答えは無限大にありますよね。


先ほどの
「4+5」のように
1つの問題に1つの答えしかない
のに比べ、

1つの答えを出すのには
いくつものプロセスがある
のを考えるのはとても頭を使う。

こうしたプロセスを考えることが
「考える力」を育てる。

そんなことをおわかりいただける
でしょうか?



「たった1つの答えしか出せない」人間

あるいは
「答えを出すプロセス」を自分で考えられる人間

あなたは自分のお子さんにどちらになって
ほしいでしょうか?


■地図で歩くことは「ドリル」で解けない問題を解くのと同じ

実は地図を持って目的地を目指す、
ことは、「自分でプロセスを考え出す」
能力を鍛えるのに絶好の機会です。


下の2枚の地図を見比べて見てください。

同じ2番から3番に向かうのに
ひとり一人選んで進む道が微妙に違う!
(下の子の地図は道にも迷っていますが)


どっちが正解なんてことはありません。

一番大事なのは
「なるべく早くたどりつくために、
 自分にとって、ベストな選択をして行動してみること」

そこに決まった正解なんてない。

子ども自ら編み出す無限大の答えがあるから
面白いんです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました