ルービックキューブから考える「地図の力」

地図の力で、
あなたのお子さんの「考える力」を伸ばします。
 
『地図育コンサルタント』の折江晃です。
 
昨日、私の学生時代からの友人が1つの動画をfacebookで上げてくれました。
どうやら小学生の息子さんがあっという間にルービックキューブを全面クリアしてしまうらしく。
嬉しくてその様子を動画に撮ってアップした、とのこと。。
 
私が小学生の時もルービックキューブはかなり流行りましたが、今も健在なのですね。
 
このルービックキューブ、見えている部分だけでなく、隠れている部分もイメージしながら指を動かすことから、
いわゆる「空間認識能力」を高めるのに非常に効果があるそうです。
 
見えているものだけでなく、見えていないものもイメージする
 
実は地図も同じです。
 
目の前の景色だけでなく、地図から読み取れる情報から、
まだ見えていない「この先」の景色をイメージしながら目的地までの道のりを考える。
 
地図には、我が子の能力を引き出す要素がたくさん詰まっているのです。
, , ,

Post navigation

林 大岳

地図の力で「考える力」を伸ばす 地図育®コンサルタント フィンランドの教育思想に感銘し、地図を持って進んだ自身の経験を活かし独自の教育メソッドを開発。 2児の小学生の父親として多くの教育情報に触れ、300件以上の 書籍や文献、関係者への取材を敢行し知見を蓄える。 1972年生まれ東京出身。 ワークショップデザイナー オリエンテーリング・インストラクタ

コメントを残す