価格高騰している野菜で生き抜くサバイバル術と地図歩き、共通することとは?

野菜が高いですね。

毎日のことですし、家計にも直結しますから、日々料理をされているお父さん、お母さんはやりくりに大変なことだと思います。

 

先日、日本テレビ系の朝番組、ZIPでこんな特集がありました

野菜が高騰している今、「もやし」と「豆苗」の売り切れが続出!?

 

 

多くの野菜の価格が高騰し、なかなか手が出しにくい中で、比較的買いやすいのが「豆苗」「もやし」

 

ただ、だからといっていつも同じ食材を使って同じような料理ばかり出していては飽きてしまうもの。

そこでこの番組の中では、豆苗ともやしをうまく使ったレシピをたくさん紹介していました。

 

餃子やビビンバ丼、もつ鍋など数多くの料理が紹介されて、とても美味しそうでした。

 

■大事なのは、「どう工夫して欲しい結果にたどり着くか」

この特集を見て、良いアイデアが出る人がいるんだな、と思いました。

食材を変えてでも、美味しく食べられるように工夫する努力、これが見えました。

 

 

実はこれ、「地図育」のベースであるオリエンテーリングと考え方が似ています。

 

目的は、なるべく短い時間でチェックポイントにたどり着くこと。

そのためには、立ち入り禁止地域など特別に指定されているところ以外はどのように通って行ってもよい。

 

自分の体力、走力、地図を正確に読む力、これらを自分で判断し、一番早くたどり着ける道を選択して前に進む。

 

ここに工夫が生まれ、自分なりの戦い方で出来てきます。

1つの答えに固執するのではなく、

自分の力を信じ、自分なりのやり方で目的に達するために努力する。

 

そうすることで、きっと何かが得られるはずです。

, ,

Post navigation

折江 晃

地図育®コンサルタント(1972年生・男)。 一人でも多くの子ども達に、「自分の人生を自分で切り開く楽しさを実感して欲しい」という思いで、地図育講座・ワークショップを主宰。 小学4年生のときに、北欧生まれの競技スポーツ、オリエンテーリングに出会い、運動は苦手でも、地図の読解力、判断力、忍耐力などを発揮することで好成績を残せる点に魅了され、高校時代まで続ける。 大学卒業後、広告会社に就職。長年マーケティング業務にたずさわる中で、競技オリエンテーリングで培った「自分で考えて行動する力」がビジネスや人生に応用できることを実感。 この経験を自身の子育てに活かすために、地図を通じて「自分で考えて行動する力」を育むオリジナルメソッド『地図育®』を開発。全国の児童に普及する活動を展開中。 1972年生東京都出身・在住。明治大学政治経済学部卒業。小学生の女児・男児の父親。 【保有資格】 ・ワークショップデザイナー ・オリエンテーリング・インストラクタ 【連絡先】contact@mappower.jp

コメントを残す