オリエンテーリング | ページ 3 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

オリエンテーリング

オリエンテーリング

メタ認知能力を高めたければ、地図をもって外に出よう

メタ認知、という言葉をあなたはご存知でしょうか? 簡単に言うと、「自分の感じ方・考え方を客観的に捉えること」 例えば、何かトラブルに接したとき、自分はどういう感情になり、どういった行動を取るのか、というパターンを、もう一...
オリエンテーリング

なぜフィンランド人はオリエンテーリングを8歳から学校で学ぶのか

昨晩、フィンランドにお住まいの日本人の方からメールをいただきました。 メールを送ってくださったのは、KOTORIという会社を経営されている鳥井さん。 このKOTORIは、日本からフィンランドの教育視察を希望される個人・グループ・...
オリエンテーリング

藤井四段を育てた知育玩具「キュブロ」と地図には意外な共通点があった。

キュボロという名前のおもちゃを知っていますか? あの将棋の藤井四段が幼少期に遊んでいた知育玩具、ということで、「天才棋士を育てたおもちゃ」として話題になりました。 そして、藤井四段が連勝を重ねたこ...
イベント情報

フィンランドの教育から知る「地図を読む」ことの重要性

少し前の話になりますが、フィンランドの教育の内容について学ぶセミナーに参加してきました。 講師のお一人は、実際に小学生のお子さんをフィンランドの学校に通わせ、ご自身は日本からの学校視察希望者にツアーを組んで提供する会社を経営さ...
オリエンテーリング

我が子を賢く育てたい親はコンビニのコピー機を上手く使おう

先日、こんな記事がネット上で流れました。 <コピー機>サービス拡大 コンビニ間の競争激化 コンビニのコピー機というと、私は学生時代、試験前に友人のノートを借りてたくさんコピーした記憶を思い出します。 この記...
オリエンテーリング

あなたのお子さん「どっちでもいい」が口癖になっていませんか?。2020年からの大学入試に必要な「判断力」はどう鍛える?

夏休みに入り、いつも以上に親子で過ごす時間が多くなっているご家庭も多いのではないかと思います。 夏休みに限りませんが、我々の日常生活には判断を求められる機会がたくさんあります。 ・家族で旅行に行くんだったら、...
21世紀型能力

我が子の問題解決能力を伸ばしたい親に知っておいてほしいこと

最近、海外の面白い文献を見つけました。 それは、 「Research on problem solving skills of orienteering athletes in terms of some variables」 ...
21世紀型能力

道案内に慣れることが2020年からの大学入試の記述問題対策になる

皆さんは以前、こんなニュースがあったことを覚えているでしょうか? 千葉県の県立高校入試に関する2004年、今から13年も前の話です。 二月に千葉県で実施された県立高入試で、「国語」に受験生の約半数がまったく得点できないという...
21世紀型能力

子どもを賢くするために将棋を習わせたい親はオリエンテーリングにも注目してみよう

以前よりは少し落ち着きましたが、将棋がブームです。 原因はもちろん、最強の14歳、藤井聡太四段の存在です。 プロデビュー直後から、大物揃い相手に破竹の29連勝を達成したことは記憶に新しいと思います。 そして...
オリエンテーリング

フツ―のお父さんでも、子どもに自分で考える力を身に着けさせることが十分に出来る方法がある

私のお友達で、コラムニストでライターのあべっかんさんが新しい電子書籍を出版されました。   タイトルはずばり 「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」   あべっか...
タイトルとURLをコピーしました