ブックレビュー | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

ブックレビュー

ブックレビュー

おすすめブックレビュー:「自分で考える力」が育つ親子の対話術

地図の力で、あなたのお子さんの「自己肯定感」を育てます。『地図育®コンサルタント』の林 大岳です。今回から、私がこれまで読んできた本の中から、私自身にとってプラスになった良書を少しずつ紹介していきます。今回ご紹介するのは、狩野みきさん著「...
ブックレビュー

東大生は「地図を読む」ように「本を読む」

地図を使って、お子さんの「問題を解決する力」を育む専門家、『地図育®コンサルタント』の林 大岳です。先日、『東大読書』という本を読みました。 この本は、高3の時の偏差値が35だった、著者の西岡さんが2浪後、本の読み方を変えて...
ブックレビュー

絶対に知っておくべき、一流ビジネスリーダー達の「子育てポリシー」

■「隣の芝生は青い」 「あの出来のよいお子さんのお家はどんな教育をしているのか」 ついつい知りたくなってしまうものです。 そんな願望をかなえるような本が先日出版されています 「子育て経営学 気鋭のビジネスリー...
21世紀型能力

失敗からの「振り返り」がわが子を未来人材へと育てる

■人は失敗から何を学ぶか 人はだれでも失敗します。 失敗しない人間なんていません。 だから、失敗した人を責めたり、失敗した自分に対してくよくよしたりすることに時間を費やすよりは、 その失敗をどう生かすかということ...
ブックレビュー

2020年からの大学入試に必要な「思考力」は、地図というフィルターを通して高められる

いま、一冊の本を読んでいます。 なぜ、地形と地理がわかると江戸時代がこんなに面白くなるのか (歴史新書) 洋泉社という出版社から刊行されている書籍なのですが、 この「なぜ、地形と地理がわかると〇〇が...
ブックレビュー

教育熱心も度が過ぎると虐待になる?あなたのその行動が”教育虐待”にならないように気を付けよう

ある一冊の本を読みました。 教育虐待・教育ネグレクト日本の教育システムと親が抱える問題 という本です。 「教育」と「虐待」、一見結びつきにくい関係のように思えます。 「虐待」というと、よく若い両親が幼...
オリエンテーリング

フツ―のお父さんでも、子どもに自分で考える力を身に着けさせることが十分に出来る方法がある

私のお友達で、コラムニストでライターのあべっかんさんが新しい電子書籍を出版されました。   タイトルはずばり 「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を身に着けさせる3つの方法」   あべっか...
ブックレビュー

危険だからといって、いつまでも親が回避していては子どもは成長しない

本日6歳の息子に肥後ナイフを買い与えました。 肥後ナイフとはどんなものかご存知でしょうか? 下の写真のように、刃が折りたためる小さなナイフのことです。 知り合いが富山の名産、鱒の寿司を送ってくれ、そ...
ブックレビュー

白の反対は何色か?子どもの自分の頭で考える自頭力を伸ばしたいなら、正解は一つでないことを前提に声かけをしよう

突然ですがあなたに質問です。 白の反対は何色だと思いますか? 一冊の本を読みました。 「極める人ほどあきっぽい」窪田良 著 する 著者の窪田さんは、ゲノム研究者、眼科医、起業家という3つの顔を持ち、それぞれの分野で...
ブックレビュー

『頭のいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』

一冊の本を読みました。 頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある、という本です。 著者の小川大介さんはSS-1(エスエスワン)という中学受験用の個別学習塾の経営者。 前書きにありますが、小川さんは中学...
タイトルとURLをコピーしました