モノの見方・考え方 | ページ 14 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

モノの見方・考え方

モノの見方・考え方

子どもの自己肯定感を伸ばせないしつけに意味なんてない

先月、息子を通わせているある習い事で少し残念な光景を目にしました。 その習い事は運動系。その日は7人の子が参加。多くのお父さん、お母さんがその様子を見学しています。 その距離、約20m。 お父さんお母さんの...
モノの見方・考え方

子どもの成長を願うなら、小さな成功と失敗、両方の経験が大事

ストレス耐性、という言葉があります。 すなわち、襲ってくる数々のストレスに対してどれだけタフでいられるのか? このストレス耐性が強ければ、多少の困難にも打ち勝ち、自分のやりたいことがやりやすくなることでしょう。 ...
オリエンテーリング

我が子をひきこもりにしないために必要なこと

先日、ネットで少し衝撃的なニュースを目にしました。 40歳代が最多、中高年「引きこもり」層が53%に これは島根県の調査結果ですが、私も同じ40代として衝撃を受けました。 40代というのは一般的には働き盛りの世...
オリエンテーリング

小学生はインターネットとどう付き合えば良いのか~地図歩きを通して学ぶ大事な心構え

今の子ども達の生きる世界は最初からデジタル社会。 生まれながらにインターネットがあり、SNSがあります。 こうした、生まれながらにネットに揉まれてきた世代の人々を何と呼ぶかご存じですか? ”デジタルネイティ...
オリエンテーリング

不安から確信へ~地図トレ講座をおこなって見えてきた、地図で子どもに自信を持たせる方法

先日、「地図トレ講座」を実施しました。 地図トレ、とは、「地図を使って頭のトレーニング」の略。 地図を使って道案内をする作文をつくることで、必要な情報を的確に選んで上手に伝える「説明力」の向上の練習などをしましたが、 ...
オリエンテーリング

子どもの成長には「失敗の経験」をたくさんさせることが不可欠

1つの動画を紹介します。 あの林修先生が東大生を相手に「社会で活躍する人」をテーマにおこなった講義です。 この動画の中で、林先生は、社会に「社会に出てから活躍する人」になるための力を ・問題の「解決...
オリエンテーリング

プログラミング教室に通わせるなら、身体も動かせる機会を一緒に作ったほうがいい

昨年11月の記事になりますが、日経トレンディネットで次のような記事が出ていました。 急拡大するプログラミング教育市場で起きていること プログラミング教育の現状と展望 2020年から日本の小学校で必修化されるプログラミング教...
モノの見方・考え方

子供の人生を親の言いなりにしてはいけない

まず一つの動画を見てください。 少し古いカーナビのCMです。 渋滞を避けて抜け道を通ろうとカーナビを起動させたカップル。 しかし、カーナビの指示通りに進むと、あるはずの道の代わりに、なぜか車はとあるスーパー...
オリエンテーリング

子どもに自信を持たせたいなら、地図を持って歩くことをやってみよう

ドラマで感じる過干渉の恐怖 現在NHKで放送しているドラマで「お母さん、娘をやめていいですか」(毎週金曜・22時~)があります。 このドラマ、テーマはずばり、「毒親」「過干渉」です。 このドラマ...
モノの見方・考え方

「情報を仕分けする」ことを地図読みで慣れることで、判断力を養うトレーニングになる

「2位ではダメなんですか?」と某女性国会議員が発言したことが有名になった事業仕分け。 覚えていらっしゃいますか? それ以来「仕分け」というと、何かぶった切る、整理する、というイメージが強くなった気がしますが、この「仕分け...
タイトルとURLをコピーしました