地図に関する話題 | ページ 3 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

地図に関する話題

オリエンテーリング

2020年からの大学入試に必要な力は、夏休みにオリエンテーリングコースを回ることで養おう

「地図育」のテーマである「自分で考えられる子を育てる」ベースは、地図とコンパスを使うスポーツ、オリエンテーリングです。 オリエンテーリングからは、2020年からの大学入試で求められる「思考力」「判断力」「表現力」につながる力が身に付き...
オリエンテーリング

2020年からの大学入試に必要な「考える力」は地図で育てる

このコラムでは何度も触れていますが、2020年から大学入試制度が大きく変わる予定です。 これまで比重が置かれていた知識量を問う問題だけでなく、知識に基づいて考えを深める「思考力」「判断力「表現力」の有無を問う試験になる、というので...
地図に関する話題

我が子の「表現力」は道案内で伸ばすことができる

■ますます必要になってくる「わかりやすく伝える」という表現力 2020年からの新しい大学入試では、知識だけでなく、その知識を使った「思考力」「表現力」「判断力」を問われると言われています。 ここで言う「表現力」と...
モノの見方・考え方

「勉強しなさい」と言う代わりに、親として必要なのは「知ることの楽しさ」を教えること

最近、我が家で小4の娘、小1の息子と流行っている遊びがあります。 それは、「辞書クイズ」と呼んでいるもの。 簡単に言うと、辞書の逆引きクイズです。 国語辞典に書いてある文章を聞いて、それが何を説明し...
21世紀型能力

自分のことは自分で決める、というメンタルトレーニングは地図歩きで養っておくと強い

4月というのは新生活が始まる季節です。 進学、就職、異動、転勤など、これまでとは違った生活を送られている方も多いでしょう。 そのために、「来年はどうしよう」と自分の進路に悩まれた方もたくさんいると思います。 ...
オリエンテーリング

地図を活用して子どもを成長させる、ということの意味

私がこのコラムを通じてお伝えしている”地図育”の重要性 初めてお話しする方は大抵「どういうこと?」という顔をされます。 それはそうですよね、今まで聞いたことのない言葉ですから。 地図育を一言で説明す...
オリエンテーリング

子どもの考える力を伸ばすには「できるようになった快感」を感じる場をつくること

先日、6歳の息子とオリエンテーリングの競技大会に参加してきました。 主催は早稲田大学オリエンテーリングクラブ。早稲田大学の現役学生さんによる運営です。 毎年2月のこの時期に開催される恒例行事で、今回の大会では37回目の開...
地図に関する話題

地図育から見た小学生とスマホ・携帯の付き合い方

ここに一つのグラフがあります。 これは2016年5月に発表された、小学生から高校生まで各学年で、自分専用の携帯電話あるいはスマホを持っている調査結果です。 出典:独立行政法人国立青少年教育振興機構「青少年の体験活動等に関する...
地図に関する話題

あなたの大事なお子さんを勉強好きにする方法

「ウチの子、勉強嫌いでなかなか机に向かわなくて・・・」 そんな悩みをお持ちのお父さんお母さんは多いと思います。 ついつい、「勉強しなさい!」なんてガミガミ言っていませんか? これだと子供の方が反発して、むし...
オリエンテーリング

子どもに自信を持たせたいなら、地図を持って歩くことをやってみよう

ドラマで感じる過干渉の恐怖 現在NHKで放送しているドラマで「お母さん、娘をやめていいですか」(毎週金曜・22時~)があります。 このドラマ、テーマはずばり、「毒親」「過干渉」です。 このドラマ...
タイトルとURLをコピーしました