考動力 | ページ 2 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

考動力

21世紀型能力

「中学生7割超、2020年に不安。」の電車広告の意味するもの

先日電車に乗っていたらこんな広告を目にしました。 あなたはこの広告の意味がわかるでしょうか? これは学習塾の栄光ゼミナールの広告です。右側にはこのような文章が書いてあります。 中学生の7...
21世紀型能力

NHKあさイチ「不便益」特集から感じる、子どもの成長に不可欠な地図の力

6月15日のNHKの朝の情報番組「あさイチ」の特集は「不便益」でした。 「不便益」、聞き慣れない言葉ですね。 番組にも出演されていましたが、京都大学には不便益システム研究所というこの「不便益」を専門に研究...
21世紀型能力

子どもをひきこもりにしないために親として出来ること

昨日のNHK「クローズアップ現代プラス」の特集は、 トラブル続出 ひきこもり “自立支援”ビジネス でした。 内容は、 子どもが長年ひきこもっている。 イライラを募らせ家庭内暴力をふるう。 こうした悩みを抱える家族に対し、 「問題を解決...
オリエンテーリング

子どもに自信を持たせたいなら、「任せる」ことを増やしてみる

先日、大学で、学生向けにキャリアコンサルタントをしている友人と会う機会がありました。 彼女の言葉で印象的だったのが、 「いまの学生達は、とにかく自己肯定感が低い」 ということ。 自己肯定感が低い、つまりはありのま...
21世紀型能力

自分のことは自分で決める、というメンタルトレーニングは地図歩きで養っておくと強い

4月というのは新生活が始まる季節です。 進学、就職、異動、転勤など、これまでとは違った生活を送られている方も多いでしょう。 そのために、「来年はどうしよう」と自分の進路に悩まれた方もたくさんいると思います。 ...
オリエンテーリング

子どもを成長させるための親子コミュニケーションを地図を通じて考えよう

先日4/22に実施した「親子地図育ワークショップ」の様子を、当日小5の娘さんと共に参加してくださった、通称あべっかんさんがご自身のブログ「家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術」で触れてくださいました。 あべっかん...
イベント情報

「親子地図歩き」は知っているようで知らなかった子どもの姿を知る良い機会

2017年4月22日、「親子地図育ワークショップ」を代々木公園でおこないました。 親子地図育ワークショップとは、 ・地図とコンパスを使いながら、チェックポイントをまわるスポーツ「オリエンテーリング」をベースに、 ・子ど...
オリエンテーリング

子どもの成長には「失敗しない」ことよりも「失敗を恐れない」ことの方が大事

4月になって新年度がスタートしましたね。 新しく幼稚園や小学校、中学、高校、大学、あるいは就職と、ご家族やご自身が新生活を始められた方も多いと思います。 我が家でも2人の子どものうち、息子が地元の小学校に進学しました。 ...
オリエンテーリング

地図を活用して子どもを成長させる、ということの意味

私がこのコラムを通じてお伝えしている”地図育”の重要性 初めてお話しする方は大抵「どういうこと?」という顔をされます。 それはそうですよね、今まで聞いたことのない言葉ですから。 地図育を一言で説明す...
モノの見方・考え方

子どもの成長を願うなら、小さな成功と失敗、両方の経験が大事

ストレス耐性、という言葉があります。 すなわち、襲ってくる数々のストレスに対してどれだけタフでいられるのか? このストレス耐性が強ければ、多少の困難にも打ち勝ち、自分のやりたいことがやりやすくなることでしょう。 ...
タイトルとURLをコピーしました