考動力 | ページ 3 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

考動力

オリエンテーリング

我が子をひきこもりにしないために必要なこと

先日、ネットで少し衝撃的なニュースを目にしました。 40歳代が最多、中高年「引きこもり」層が53%に これは島根県の調査結果ですが、私も同じ40代として衝撃を受けました。 40代というのは一般的には働き盛りの世...
オリエンテーリング

不安から確信へ~地図トレ講座をおこなって見えてきた、地図で子どもに自信を持たせる方法

先日、「地図トレ講座」を実施しました。 地図トレ、とは、「地図を使って頭のトレーニング」の略。 地図を使って道案内をする作文をつくることで、必要な情報を的確に選んで上手に伝える「説明力」の向上の練習などをしましたが、 ...
地図に関する話題

地図育から見た小学生とスマホ・携帯の付き合い方

ここに一つのグラフがあります。 これは2016年5月に発表された、小学生から高校生まで各学年で、自分専用の携帯電話あるいはスマホを持っている調査結果です。 出典:独立行政法人国立青少年教育振興機構「青少年の体験活動等に関する...
オリエンテーリング

プログラミング教室に通わせるなら、身体も動かせる機会を一緒に作ったほうがいい

昨年11月の記事になりますが、日経トレンディネットで次のような記事が出ていました。 急拡大するプログラミング教育市場で起きていること プログラミング教育の現状と展望 2020年から日本の小学校で必修化されるプログラミング教...
モノの見方・考え方

子供の人生を親の言いなりにしてはいけない

まず一つの動画を見てください。 少し古いカーナビのCMです。 渋滞を避けて抜け道を通ろうとカーナビを起動させたカップル。 しかし、カーナビの指示通りに進むと、あるはずの道の代わりに、なぜか車はとあるスーパー...
21世紀型能力

子供の将来にとって大切な”生きる力”は地図で伸ばす

現代社会はどんどんと予期しないことが起こっています。 昨年はアメリカで大方の予想を覆し、トランプ氏が大統領選挙に勝利しましたし、 自然環境に目を向ければ、日本列島は夏は記録的な猛暑、冬になればこれまた記録的な豪雪。 ...
オリエンテーリング

かわいい子には旅をさせろ「はじめてのおつかい」を見て思う、あなたはいつ子どもを自立させる?

お正月にテレビを見ていると、「はじめてのおつかい」が放送されていました。 この番組長いですよね〜。 いまウイキペディアで調べたら1991年から放送しているそうで。初回放送から今年でもう26年! なんと、もう...
21世紀型能力

子どもをたくましく育てたいなら、地図で人生に必要なものを学ばせる

子どもの自主性、自分で考えて行動する力の必要性が叫ばれています。 情報が溢れすぎている一方で、先行き不透明な将来。 益々生きていくのが大変な時代です。 だからこそ、自分というものをしっかり持...
オリエンテーリング

通ったきた道を地図で振り返ることが子どもの”考える力”の成長につながる

自宅でテレビをつけると、NHKで将棋トーナメント戦の対局がおこなわれていました。 しばらくすると対局が終わり、戦い終えた棋士2人が将棋盤を前に内容を振り返っていました。 詳しい内容はわかりませんが、 「私はここをこ...
オリエンテーリング

子どもの自分で考えて動く力を伸ばすには、全国のオリエンテーリングコースを使うのも一つの手

このコラムでは、再三「身体」と「知力」の両方を駆使し北欧生まれのスポーツ、オリエンテーリングの持つ魅力を通して、子ども達の成長に役立つ「自分で考えて行動する力」(考動力)を伸ばすことを推奨しています。 では、実際にオリエンテー...
タイトルとURLをコピーしました