記事 | ページ 2 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

記事

オリエンテーリング

藤井四段を育てた知育玩具「キュブロ」と地図には意外な共通点があった。

キュボロという名前のおもちゃを知っていますか? あの将棋の藤井四段が幼少期に遊んでいた知育玩具、ということで、「天才棋士を育てたおもちゃ」として話題になりました。 そして、藤井四段が連勝を重ねたこ...
モノの見方・考え方

SPAの「アナログ回帰現象」特集から読み取る「紙の地図」を持って歩くことの意味

今20代を中心に、アナログ回帰ブームだそうです。 ・カセットテープ ・アナログレコード ・写ルンです などに最近ハマる若者が増えているそうです。 そうしたブームを受け、週刊誌のSPAが特集を組ん...
21世紀型能力

我が子の問題解決能力を伸ばしたい親に知っておいてほしいこと

最近、海外の面白い文献を見つけました。 それは、 「Research on problem solving skills of orienteering athletes in terms of some variables」 ...
21世紀型能力

子どもを賢くするために将棋を習わせたい親はオリエンテーリングにも注目してみよう

以前よりは少し落ち着きましたが、将棋がブームです。 原因はもちろん、最強の14歳、藤井聡太四段の存在です。 プロデビュー直後から、大物揃い相手に破竹の29連勝を達成したことは記憶に新しいと思います。 そして...
21世紀型能力

子どもをひきこもりにしないために親として出来ること

昨日のNHK「クローズアップ現代プラス」の特集は、 トラブル続出 ひきこもり “自立支援”ビジネス でした。 内容は、 子どもが長年ひきこもっている。 イライラを募らせ家庭内暴力をふるう。 こうした悩みを抱える家族に対し、 「問題を解決...
21世紀型能力

「食える子」を育てるのに地図は最適のツール

現在発売中の週刊東洋経済の特集は、ズバリ 「食える子を育てる」 です。 食える子、とは、 「これからの社会で生き抜いて、自分で稼いで食べていく力を十分に持つ子ども」 ということ。 ...
オリエンテーリング

プログラミング教室に通わせるなら、身体も動かせる機会を一緒に作ったほうがいい

昨年11月の記事になりますが、日経トレンディネットで次のような記事が出ていました。 急拡大するプログラミング教育市場で起きていること プログラミング教育の現状と展望 2020年から日本の小学校で必修化されるプログラミング教...
オリエンテーリング

子どもにプログラミングを学ばせたいなら、オリエンテーリングもやってみるべき

いま、プログラミング教室って急速に注目が高まっていますよね。 この背景には、以下の新聞のように2020年から小学校ではプログラミング教育が必修化される、という大きな社会の流れがあります。 なぜこれ...
メディア

初めて行く目的地への道順、 あなたはカーナビ派?紙地図派?

車で初めての場所に行く場合、あなたは何に頼って目的地にたどり着きますか? カーナビ?それとも紙の地図? 2年前の記事になりますが、タイヤメーカーの東洋タイヤの興味深いアンケート結果がありました。 →記事の詳細はコチラ ...
メディア

クリスマスプレゼントには「学び」×「遊び」が大事!調査から見えた親から子へのクリスマスプレゼント・トレンド事情

来週はいよいよクリスマスイブ。 皆さんのおうちでは、サンタさんがどんなクリスマスプレゼントを持ってきてくれるか決まっているでしょうか? 我が家の場合は、8歳の娘は「たまごっち」。どうやら一番仲の良いクラスメートが既に持っているら...
タイトルとURLをコピーしました