子どもの考える力を育てるにはデジタルデトックスも必要?

先日、デジタルデトックスという言葉がNHK朝の情報番組「あさイチ」で取り上げられていました。   このデジタルデトックス、たまにはPCやスマホを通じてネットとつながっている生活から抜け出して、 ゆっくり1人だけの時間を確保してみよう、という考え。   いまの時代、どこにいってもSNSやら何やらでつながっていて、「SNS疲れ」なんて言葉も随分前から出てきていますよね。   […]

「自分のアタマで考える子」になるために押さえておくべき5つのポイント

  • 2015.07.01

一冊の素晴らしい本に巡り合えました 花まる学習会という学習塾を経営する高濱正伸さんの『「自分のアタマで考える子」の育て方』   その考え方に共感できるところが多かったです。 高濱さんが繰り返し述べられているのは、「たくましく生き抜く力を子どもにつけさせる」重要さ。 「たくましく生き抜く力」=「自分でメシが食える力」と定義されています。 その上で   ・IT革命で世の中が大きく変 […]

子どもの外遊び、どこでやる?

今朝(6/30)の日経新聞の都内版ににこんな記事が出ていました。 都内で園庭のない保育所が増えたことで、自治体が子どもに外遊びする機会を増やす取り組みを始めた、 というものです。   これは待機児童の問題に次ぐ、結構な問題だと思うのです。   共働きの夫婦にとって、子どもをどこに預けるのかということは大問題。   さらに預けたら預けたで、今度はどうやって健やかに育てる […]

オリエンテーリングというスポーツで子どもが成長できる理由③

  • 2015.06.29

前回に引き続き、オリエンテーリング、というスポーツがお子さん、あるいは大人にとってもとってもいい効果をもたらしてくれることについて、触れたいと思います。   ▪️自分で考えるクセが身につく 前にも触れましたが、一番大きいのは、「自分で考えるクセ」がつくことです。   普段の日常生活で感じられることですすが、地図を使って目的地にたどり着くのに、これが正解、なんてものはありません。 […]

オリエンテーリングというスポーツで子どもが成長できる理由②

前回は、オリエンテーリングに簡単なご紹介と、私がどう携わってきたのかをお話ししました。 今回は、オリエンテーリングというスポーツが実は子ども、あるいは大人も含め、我々の生活にいかに役に立つのをご説明したいと思います。   ①頭と身体の両方を鍛えられる オリエンテーリング、特に競技オリエンテーリングは地図とコンパスを使って、複数チェックポイント(専門用語でポスト、といいます)をまわりながら […]

オリエンテーリングというスポーツで子どもが成長できる理由①

■あなたはオリエンテーリングを知っていますか? つい先日、2020年の東京オリンピックで追加される種目が検討され、野球やソフトボールなどに絞られた、ニュースがありました。   今回落選してしまった中に、オリエンテーリング、という種目が含まれていたことはご存知でしょうか?     私はこのオリエンテーリング、というスポーツにいま再び取り憑かれています。   & […]

外遊びでの発見が子どもの成長を育む

幼稚園から小学校低学年は、人としての物事の考え方や捉え方の基礎の形をつくる重要な時期だと言われています。   よく言われる例えですが、コップ半分の水を見て   「もう半分しかない」と捉えるのか、 「まだ半分もある」と捉えるのか。   この考え方1つでその後が楽しく過ごせる時間なのか、はたまた辛く耐えなければいけない試練の時間となるのか、どちらにも変化します。 &nbs […]

1 49