ワークショップ

結局決めるのは自分

地図の力で、あなたのお子さんの「考える力」を伸ばします。 地図育®コンサルタントの林 大岳です。 先日人間ドックを受けてきました。 体重を測ったら、昨年より約10キロ体重が減っていて、内科の先生に少し驚かれました。 確かにそうなんですよね。 スマホのアプリに残っている記録をみると、昨年の3月の時点で78.6㎏。 今回の診察で69.0㎏でしたから、ほぼ丸々10Kg痩せたことになります。 やったー! […]

子どもの成長は人それぞれ:結果だけを求めず、プロセスを大事にしよう

小学生参加のワークショップを見学してきました。   小学1~4年生の子どもが20名弱集まり、最初は合同でじゃんけんを使ったゲームをして場を温めた後、1グループ4~5人の3つのグループに分かれました。   私はそのうちの1つのグループに付き、子ども達がどんな発言をして行動を取るのか観察をしていました。   そのうち一人の女の子が気になりました。名前はMちゃん。小学校1年 […]

カラー粘土を使うと子どもの発想力がどんどん高まる

先日、ワークショップデザイナーの勉強を一緒におこなっている仲間とともに一つのワークショップを組み立てました。     今回のワークショップの目的は「発想することの楽しさを感じてもらおう」 我々のチームはこのテーマを参加者に感じてもらうために粘土を使おう!ということになりました。 粘土を大人に童心にかえってコネコネいじってもらい、いろんな形をつくってもらう。 自分が作った作品に、 […]

子どもの考える力を伸ばすのに必要なのは「教える」ではなく、「気付かせる」こと

私はワークショップデザイナーの資格を現在勉強中です。   その勉強の中で、「子どもの考える力を伸ばす」ついても感じられることがたくさんありました。   ワークショップ、と一言で言っても様々な捉え方があります。 ・大人数が集まり、何か手作りの品や工作をすること? ・議論すること? ・普通の会議と何が違うの?   実際に「ワークショップ」という言葉には人によって解釈が異な […]