自信

1/4ページ

わが子の自信を生む「小さな成功体験」のつくるための3つのポイント

地図を使って、あなたのお子さんの「問題を解決する力」を伸ばします。 『地図育®コンサルタント』の林 大岳です。 前回のコラムでは、子どもに「自信」をつけさせるためには「小さな成功体験」が必要だ、ということを書きました。 今回は、具体的に「小さな成功体験」をつくるためのポイントを3つに絞ってお教えしたいと思います。 ①子どもが楽しめるものであること 子どもが何かを成し遂げるためには、まずは、「子ども […]

地図育は愛を育む場所

地図を使って、お子さんの「問題を解決する力」を伸ばす専門家、 『地図育®コンサルタント』の林 大岳です。 これまで何度も「親子地図育ワークショップ」を開催して、たくさんの親子に参加していただいていますが、 これだけは自信を持って言えます。 地図育は、「愛を育てているのだ」と。 地図育が育てている「愛」は大きく分けて2つあります。 1つ目は「子どもの、 自分自身への愛」 そして2つ目は「親子の愛」 […]

親の何気ないひとことが子どもを傷つけている

地図の力で、あなたのお子さんの「考える力」を伸ばします。 『地図育®コンサルタント』の林 大岳です。 「どうして地図なんですか?」 初めてお会いする方に地図育®のお話をすると、大抵の方に聞かれるのが、この質問です。 今日はそのお話をしたいと思います 「お前は人より3年遅れてる」 この言葉は、幼少期より、私が父から言われ続けた言葉です。 私は幼児のころ、他の子と比べ、言葉を話すのが遅く、 自分の名前 […]

「前からそうなっているから」は理由になってない

昨日、小学2年生の息子と 近くのプールに行きました。 そのロッカールームでの話です。   プールサイドに ペットボトルの飲料を 持ち込めることを 覚えていたので、   事前に、私は水を、 息子にはポカリスウェットを 買って、ロッカールームに 入りました。   水着に着替え、 それぞれのペットボトルを持って ロッカールームを出たところ、 監視員の男性に 呼び止められまし […]

究極の読書術から学ぶわが子の実力の伸ばし方

■学習塾の新しい風     明光義塾が新しいCMをはじめました。   https://youtu.be/Fvpy_ntSDvQ   思考力・表現力・判断力を身につけることを目的に、新しい指導法を導入するというのです。 その名もずばりMEIKO式コーチング。   どういうものかサイトを見てみると、こんな内容でした。 自分で勉強して、自力で答えを出した […]

判断する力を伸ばしてあげれば、子どもの成績は伸びる

先日とある記事を見つけました。 授業理解度向上、自尊感情が高いほど高正答…東京都調査 https://s.resemom.jp/article/2017/11/10/41293.html     どういう内容かと言うと、   都内公立小学校5年生9万1,434名と都内公立中学校2年生7万2,601名を対象に、 平成29年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」をおこ […]

我が子が自力で困難を乗り切った場面ほど感動的なことはない

あなたは、我が子のどんな姿を見ると嬉しかったり感動したりしますか?   我が家では先日こんなことがありました。   自宅から数分のところに、いわゆる裏山的な雑木林があります。   そこには自然の土手があるので、我が子達はソリでそこを滑ったり、レジャーシートを広げて寝そべったりしています。   まるで”自然の遊園地”です。   […]

子どもが自信をつけるのに、地図を使うととってもいい理由

地図育のベースとしているオリエンテーリングは宝探しのような楽しさがあるスポーツです。   元々はコントロールと呼ばれるチェックポイントの場所を目指して、地図とコンパスを使ってなるべく短い時間でまわってくる競技スポーツ。   オリエンテーリングの競技大会が開かれるエリアはほとんどが初めての場所。   初めて訪れる土地を、地図とコンパスだけで目指すポイントに向かう訳ですか […]

卓球・平野美宇選手の母に見る、子どものために「自己決定力をする場づくり」をするということ

先日、日本テレビで「深イイ話」という番組の特番を放送していました。 その中で特集されていたのが、卓球の平野美宇選手のお母さんの真理子さん。   このお母さん、ご自身も大学時代までは卓球選手で、卒業後は教員のご経験もあるそうで、いまは運営されている卓球の教室で、子育てしながら指導もされているそうです。 お子さんは美宇選手以外に二人の女の子がいて、そのうちのお一人は発達障害をかかえていらっし […]

子どもの自己肯定感を伸ばせないしつけに意味なんてない

先月、息子を通わせているある習い事で少し残念な光景を目にしました。   その習い事は運動系。その日は7人の子が参加。多くのお父さん、お母さんがその様子を見学しています。   その距離、約20m。 お父さんお母さんの声はすぐに子ども達に届く距離です。   私はその競技の専門的なことは何もわからないので全部プロのコーチにお任せして黙って見ている方ですが、周りのお父さん、お […]

1 4