自己肯定力 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

自己肯定力

プログラミング教育

自己肯定感は「心のエンジン」。2020年からの大学入試に向けて育てていこう

昨日は一つのイベントに参加してきました。 「未来の先生展2017」という教育イベントで、2020年から大きくかわる教育改革に関連して、プログラミング教育や英語教育、大学入試、あるいは子どもの心の作り方、学校の先生方のワークライフバラン...
オリエンテーリング

子どもに自信を持たせたいなら、「任せる」ことを増やしてみる

先日、大学で、学生向けにキャリアコンサルタントをしている友人と会う機会がありました。 彼女の言葉で印象的だったのが、 「いまの学生達は、とにかく自己肯定感が低い」 ということ。 自己肯定感が低い、つまりはありのま...
モノの見方・考え方

子どもの自己肯定感を伸ばせないしつけに意味なんてない

先月、息子を通わせているある習い事で少し残念な光景を目にしました。 その習い事は運動系。その日は7人の子が参加。多くのお父さん、お母さんがその様子を見学しています。 その距離、約20m。 お父さんお母さんの...
オリエンテーリング

不安から確信へ~地図トレ講座をおこなって見えてきた、地図で子どもに自信を持たせる方法

先日、「地図トレ講座」を実施しました。 地図トレ、とは、「地図を使って頭のトレーニング」の略。 地図を使って道案内をする作文をつくることで、必要な情報を的確に選んで上手に伝える「説明力」の向上の練習などをしましたが、 ...
オリエンテーリング

運動神経が悪くたって、地図を持って走ることで子どもの自尊心は大きく育つ

この年末年始、たくさんの特番がテレビで流れていました。 その中で私の目を引いたタイトルの番組がありました。 12月30日放送のアメトーク、タイトルは「運動神経悪い芸人」です。 ご存じの方も多いと思いますが、...
オリエンテーリング

子どもに自信を付けさせたいなら、まず小さなことから少しずつ成功体験を積み重ねよう

つい先日、こんな記事が新聞に出ていました。 →新聞記事はコチラ:子供の自己肯定感でタスクフォース 文科省が初会合 その記事によると、 会議の冒頭、田野瀬太道文科政務官が「さまざまな調査によると、さまざまな調査によると、日本...
オリエンテーリング

なぜオリエンテーリングなのか?自信を取り戻したい時は1人でオリエンテーリング大会に出場する

学生の時よりはだいぶ数は減りましたが、年に数回オリエンテーリング大会に出場します。 どうやって大会の情報を集めるか、というと、orienteering.comという便利なサイトを使います。 このサイトは年間の大会予定を一覧にして...
子どもの能力

子どもの自分で考える力を伸ばしたいなら、まずは子どもを堂々と褒めてみよう

あなたは自分のお子さんの良いところを3つ挙げられますか? 上げられる、と言う方、それを本人の前で口に出したことがありますか? 日本人の良さは”謙虚さ”であると言われています。 ただ、この謙虚さ、時に子どもの自己肯定感を育て...
子どもの能力

過干渉に気を付けよう:授業参観でチラチラ親の顔を見ながら手を挙げる子供は危険

どの小学校にも授業参観がある と思います。   私も自分の娘の時に、何度か参加したことがあります。   ただ行くと毎回気になる親子が何組かいます。 授業中、先生が説明しているにも関わらず、子どもは親の方を何度もチラ見。 親の方も、じっと我が...
オリエンテーリング

子ども主導で地図を持ってあるけば、自信ある子どもに育つ

最近お子さんと歩いていますか? 普段忙しいお父さんだと、なかなかお子さんと会話する機会も取れないでしょうから、普段の会話不足を解消することをかけて一緒に散歩してみたらどうでしょう? どうせ散歩するなら、地図を持って歩いて...
タイトルとURLをコピーしました