道案内 | 「考える力」を伸ばす『地図育®』コラム

道案内

モノの見方・考え方

かわいいわが子には「道案内」をさせよう

地図の力で、あなたのお子さんの「考える力」を伸ばします。 『地図育コンサルタント』の林田 岳大です。 あなたは普段人前でプレゼンテーションをすることがありますか? 世の中はプレゼンする機会にあふれています。 職場、学校、様々なコミュ...
モノの見方・考え方

YouTuberと道案内の共通点から見えた親として知っておくべきこと

先日、日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP」で「YouTuber講座」を取り上げていました。 YouTuberといえば、HIKAKINや、はじめしゃちょー等が有名で、HIKAKINのチャンネル登録者数は1100万人を超えているそ...
ワークショップ

わが子をプレゼン上手にさせるには道案内から始めよう

10月22日におこなった第2回地図育ワークショップのお話の続きです。 前回のコラムでは、悪天候のためフィールドワークができなくなったため、屋内プログラムとして、風景写真を見て地図上で撮影場所を当てる「ポジショニングゲーム」のお話をしま...
地図に関する話題

我が子の「表現力」は道案内で伸ばすことができる

■ますます必要になってくる「わかりやすく伝える」という表現力 2020年からの新しい大学入試では、知識だけでなく、その知識を使った「思考力」「表現力」「判断力」を問われると言われています。 ここで言う「表現力」と...
モノの見方・考え方

子どもの成長を願うなら、小さな成功と失敗、両方の経験が大事

ストレス耐性、という言葉があります。 すなわち、襲ってくる数々のストレスに対してどれだけタフでいられるのか? このストレス耐性が強ければ、多少の困難にも打ち勝ち、自分のやりたいことがやりやすくなることでしょう。 ...
地図に関する話題

地図育から見た小学生とスマホ・携帯の付き合い方

ここに一つのグラフがあります。 これは2016年5月に発表された、小学生から高校生まで各学年で、自分専用の携帯電話あるいはスマホを持っている調査結果です。 出典:独立行政法人国立青少年教育振興機構「青少年の体験活動等に関する...
21世紀型能力

2020年のプログラミング必修化のためにいまできること

本日は9月22日秋分の日でお休みです。 自宅でテレビを見ていたら、ロボコン、という学生がオリジナルのロボットを制作し、決まったルールの元、競い合う大会の国際大会を扱っていました。 日本からは東大チームが出場。多く...
オリエンテーリング

地図育ワークショップをおこなって見えてきた、”道案内作文”で得られる大事なこと

本日、都内で「地図育ワークショップ」をおこないました。 「地図育」とは、私が提唱する、地図を使った学びの場のことで、 ”地図を使って、自分で考えて行動する力(考動力)を養う”ことをテーマにしています。 本来...
地図に関する話題

あなたのプレゼン能力を上げたいなら、地図を使って道案内の練習をしてみるといい

プレゼン能力を上げたい、 人から「説明がわかりやすい」と言われたい。 こんな悩みや想いを持っている方も多いと思います。そしてあなたのお子さんにもやはり高い説明能力を持って欲しくありませんか? ここでも地図が大いに役...
地図に関する話題

地図育のススメ①地図を使った道案内で子どものプレゼン能力を伸ばす

私は子どもの能力を伸ばすのに、「地図」というのは最良のツールだと思います。 では、どんな力を伸ばすことができるのでしょうか? その1つは「プレゼン力」だと思います。もう少し端的にいうと「わかりやすく説明する力」という言い方になり...
タイトルとURLをコピーしました