オセロはやっぱり子どもの思考能力を高める最高の遊び

子どもの能力

先日久しぶりに小学校2年生の娘とオセロをしました。

 

そして初めて負けました。嬉しいような悲しいような。

 

幼稚園の年長の頃に買い、まずはオセロの駒に慣れることから始め、白と黒で顔を作ったりすることからスタート。

 

そのうち、挟んでひっくり返すルールを覚えはじめ、少しずつ試合形式に。

 

小学校に上がってからは本格的に対戦モード。

 

私は子どもといえども、基本的に手を抜くことはしません。

 

いつも真剣勝負。だってそうしないと子どもがいつまでも成長しないですし、実力で勝つ経験をしないと子ども自身が喜ばないと思ったからです。

 

試合形式で遊びはじめた頃、娘は目先の駒数にばかりとらわれていました。

 

「いま、私の白の方が多い!嬉しい!」みたいな感じです。

 

いくら私が「途中でどちらの駒数が多いなんて関係ないんだよ。最後にどっちの方が多かったかが大事なんだよ」といっても中々理解できない様子。

 

まあ、仕方ないか、ということを繰り返していました。

 

 

先月、いつものように娘と対戦し、いつものようにコテンパンにやっつけました。

 

 

すると、よっぽど悔しかったのか、泣くことはしませんでしたが、翌日から自主練を始めました。

 

 

私は会社にいたのですが、オセロ盤の前に向かい、白と黒の駒をどこにどう置いたらひっくり返るのかを自分なりに工夫をしていたそうです。何時間も取り組み、妻が食事の用意が出来たと声をかけても中々動かず真剣に取り組んでいる様子が写真で送られてきました。

 

 

そして、その自主練を何日も経て先日の日曜日、娘と対戦しました。

 

 

驚いたのは2手先まで読めるようになっていたこと。

 

 

「ここに私が黒を置いたら、パパは白を置いちゃうでしょう?う~ん、どうしようかな」

 

 

完全に目先にとらわれていた状態から脱却し、思考が戦略的になっていました。

 

 

そして、いつの間にか、角の取り方も習得し、4つのうち3つを娘に取られました。

 

 

結果的には4駒差で負けました。

 

 

先ほども書きましたが、娘の成長が見られて嬉しいような悲しいような。

 

よく将棋などのパズルゲームは子どもの思考力を高めるのに良いとされています。

 

 

ただ、将棋は駒ごとの動かし方などを覚えるのが少し難しいのかな、と思い、ウチではオセロから入りました。思いのほか成長の姿が見られて、親としては嬉しい限りです。

 

 

娘は今度は将棋に興味を持ち始めています。果たして今度はどのくらいまでハマってくれるのか。

 

 

今から楽しみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました